無有の木ホームページ
ダーマウォーター 効果的な使い方

ゆっくりお湯につかることが温泉効果を高めるように、ダーマウォーターを効果的に使うには、濡れた状態をいかに長く保つかがポイントになります。
そのためには、

 1. 肌にたっぷりなじませる
 2. 保湿水を活用する
 3.フェイスマスクを利用する


をお薦めします。

1.肌にたっぷりなじませる

写真お風呂上がりや洗顔の後、たっぷり顔に吹きかけ、軽くパッティングしながら、手の平で押さえるように肌になじませてください。浸透したら2,3回繰り返します。この時、手でこすると角質を痛めて赤くなる場合がありますのでご注意下さい。

2.保湿水を活用する

写真乾燥しやすい肌質の方や乾燥する季節は、ダーマウォーターで作った保湿水をおためし下さい。保水力が高まり長く保つことができます。この保湿水があれば合わせて使ったり、使い分けたりと用途が広がりとても便利です。ボディーローションとしても使えます。


[ 保湿水の作り方]

ダーマウォーターを別の容器に適量移し、その量の5%〜10%程度のグリセリンを加えたら出来上がり。(グリセリンは別売り有り)
グリセリンの量は、お好みに合わせて加減してください。

3.フェイスマスクを利用する

写真おやすみ前にダーマウォーターをたっぷり含ませたフェイスマスクを、顔に隙間があかないようにピッタリくっつけ、乾いたらまた上から吹きかけ、常に湿った状態にし約20分間置きます。睡眠不足などで疲れがたまった時や、紫外線を長時間浴びた火などにご利用下さい。(フェイスマスクは別売り有り)


[ ご使用上の注意]

  • 効果があるからといって、1日にあまり使いすぎるのも逆効果です。使用頻度は肌質や肌の状態に合わせてお決め下さい。

  • 使い続けていくうちに、感想を伴い肌がカサつく時期があります。これは、うまく排泄されていないメラニンを含んだ、古い角質や毛穴・汗腺に詰まった老廃物が角栓として浮き出してくるからです。少しずつキメが整い、カサつきや乾燥感もなくなってきますが、気になる時は、ダーマウォーターを保湿水に切り替えて見てください。また、浮いた角質や角栓をあまり爪や指でこすると、角質が木津付赤くなり、炎症を起こす場合がありますからご注意下さい。

  • お肌の健康が回復するまでの期間は個人差がありますが、少なくても6ヶ月間は後継続下さい。

  • 4.ダーマウォーターの使い方アイデア

    ご使用中の化粧品にプラスαとして

    化粧品をお使いの前に、ダーマウォーターを肌になじませておくことで、化粧品の刺激を和らげ、なじみを良くし、より一層効果が期待できます。

    化粧水の代わりに

    今お使いの化粧品の化粧水として、ダーマウォーターをご利用頂けます。
    水に含まれるミネラル以外何も入っていませんので、どんな化粧品とも組み合わせできます。

    美肌マスクとして

    ダーマウォーターをたっぷり含ませたフェイスマスクを、顔の上に20分間置きます。おやすみ前にご利用下さい。お肌の回復が早まります。詳しくは「フェイスマスクを利用する」をご覧下さい。

    アイマスクとして

    ダーマウォーターをたっぷり含ませたコットンを目の上に20分間置きます。おやすみ前にご利用下さい。目の周りの小ジワや乾燥・くすみ・たるみの解消に役立ちます。

    インナードライ予防に

    肌の奥深くまで浸透し、潤いを与えます。

    ニキビ、吹き出物の応急処置に

    気になるところへダーマウォーターをたっぷり含ませたコットンを約15分間置きます。2,3日続けるとおさまってきます。

    ボディーローションとして

    ダーマウォーターで作った保湿水を、お風呂上がり乾燥の気になるところへご使用下さい。カサつきを抑えます。(保湿水の作り方をご覧下さい

    オフィスなどの乾燥対策として

    メイクの上からでも使用でき、オフィスの乾燥対策に最適です。

    メイク直しや崩れ防止対策として

    メイク後、少し遠くから「シュッ!」と吹きつけ、ティッシュで軽く押さえます。メイクがより馴染み、化粧持ちが良くなります。

    日焼け後の肌に

    日焼けで火照った肌の炎症を抑え、回復を早めます。

    アトピーの“かゆみ”に

    かゆみが出た時ご使用下さい。かゆみがおさまり落ち着いてきます。

    アトピーや肌荒れの“水湿布”に

    アトピーや肌荒れの水治療として、ダーマウォーターをたっぷり含ませたフェイスマスクやガーゼを患部に20分間置きます。これを1日に何回か繰り返します。

    赤ちゃんやお子さまの肌に

    何も含まない純粋の水ですから、目や口に入っても安全です。

    ひげそり後に

    ひげそり後の敏感になっている肌を、落ち着かせ整えます。

    切り傷やヤケドに

    炎症を抑え、回復を早めます。

    5.自然治癒力が高まるシンプルケア

    図

     

    ダーマウォーターとは? >>

    よくある質問Q&A >>

    お客様の声 >>

     

    ▲ ページのトップ

    Copyright2007© Munoki.Allright reserved.